JPRSサーバー証明書 おすすめポイント

高い信頼性

「.jp」を登録管理するJPRSが
発行する安心と信頼の証明書


「.jp」の登録管理を行う唯一の組織、JPRSが提供するサーバー証明書です。「.jp」は140万件以上の登録実績があり、JPRSは設立以来15年以上、無事故・無停止で運用されています。安心と信頼の品質をサーバー証明書でも実現します。
※JPRSサーバー証明書は「.jp」以外のドメイン名にもご利用いただけます。
 
お手頃な価格

お手頃価格で高い信頼性
常時SSL化に


JPRSサーバー証明書はリーズナブルな提供価格と、「.jp」のサービスで培った経験から高い信頼性を両立しています。コストと信頼性の両方を重視したいというお客さまにオススメです。
 
>> 価格表はこちら
 
 
証明書1枚で便利に活用

1枚の証明書で
複数のサーバーに導入可能


コモンネーム単位でサーバー証明書が発行されるため、同一のコモンネームを持つサーバーであれば台数に関係なく、一つの証明書をコピーして利用することができます。サーバーを増設する場合にも追加購入の必要がありません。
 
 
 
お知らせ
2018/12/19
2018年12月27日(木)~2019年1月6日(日)
誠に勝手ながら上記期間中はお問い合わせ対応をお休みさせていただきます
証明書の申請については通常通り可能です
2018/11/30
DV証明書(1年)1,500円キャンペーンは2018年11月30日(金)12時をもちまして終了しました
たくさんのお申込み誠にありがとうございました

サーバー証明書の種類

ドメイン認証型(DV) 【認証項目:ドメイン名のみ】
証明書の申請者が、証明書に記載のドメイン名について、登録者または管理者であることを証明する証明書。
組織認証型(OV) 【認証項目:ドメイン名+組織の実在性】
証明書の申請者が、証明書に記載のドメイン名について、登録者または管理者であることに加え、Webサイトの運営者・運営組織の法的実在性を認証した証明書。
企業だけが登録できるドメイン「CO.JP」と組み合わせると、実在性・信頼性をさらにアピールできます。
ワイルドカード ワイルドカード証明書は、一つの証明書で同一のドメイン名の配下にあるすべてのサブドメインすべてに証明書を設定することができるためコスト削減に繋がります。コモンネームの先頭ラベルを「*」(ワイルドカード)とすることで、そのドメイン名のサブドメインすべてに証明書を設定します。詳しくはこちら

証明書の詳しい仕様についてはこちら